POINTファンクショナルトレーニングエリアの特徴

バトルロープ、ケトルベルなど流行のファンクショナルトレーニング

FIGOでは、マシン、フリーウェイトの他に、ファンクショナルトレーニングエリアを設けております。ファンクショナルトレーニングとは特定の部位のみにアプローチするのではなく、怪我の予防、パフォーマンスの向上を図る事を目的とし、動作に対してファンクショナル(機能的)に体を使える様になる為のトレーニングです。
高負荷なウェイトよりも自重や軽めのウェイトを使った連続した動作で、筋力と心肺機能を強化し、ウェイトダウンにも相当な効果があります。
具体的にはバトルロープ、ケトルベル、パワーバッグ、ブルガリアンバッグ、スラムボールなどのウェイト器具、PLYOボックス、吊り輪、TRX、うんていなどの自重器具、自走式トレッドミル、エアバイク、ローイングなどの有酸素マシンがございます。
ご自身でサーキットトレーニングをしたり、FIGOのグループトレーニングに参加したり、クロスフィットのトレーニングも十分可能なスペースですので、当ジム自慢のファンクショナルトレーニングエリアを是非ご活用下さい。

FIGOならではのファンクショナルエリア、使い方もしっかりサポート

都心部では流行中のこれらの器具やマシンも、他のジムではまだまだ聞きなれないかもしれません。
FIGOでは会員様がファンクショナルエリアを100%活用できる様、スタッフがしっかりサポートさせて頂きます。
特にTRXに関してはトレーナー全員がTRXジャパン主催のファンクショナルトレーニングコースを修了しています。

LINE UPラインナップ紹介

クロストレーニングタワー
  • 全身
  • 上半身

クロストレーニングタワー

ファンクショナルエリアの象徴、高さ2.4M、長さ6.0Mの巨大なうんていです。
うんていとしてももちろん使用できますが、このクロストレーニングタワーを使ってTRXやチンニング(懸垂)ができます。
うんていとしての動作では、バランス感覚、握力、腕力が主に身に付きますが、特に受動握力(握った手が開かれないように耐える握力)の向上に効果がありますので、デッドリフトで高重量を素手で扱う方にもおすすめです。

TRXサスペンショントレーナー
  • 全身

TRXサスペンショントレーナー

TRXサスペンショントレーナーは、自重を負荷として利用するトレーニングです。
ひとつの器具で無限の可能性を秘めたトレーニング器具で、強度が自由自在にコントロール可能。
初心者、アスリート、リハビリテーションの方まで、誰にでも効果的なトレーニングを実現。
筋力、バランス、柔軟性、敏捷性、コアの安定性、ストレッチなど、フィットネスのあらゆる要素を向上させます。
アメリカでは米軍の全部隊に導入されるほど、その効果が認められています。

バトルロープ
  • 全身

バトルロープ

欧米ではスーパーモデルやアスリートもこぞってトレーニングに取り入れられているバトルロープ。
綱引きに使うような強度のある綱を持って波打たせる事で全身の筋肉を鍛え、左右のバランスをとるため体幹が鍛えられるほか、大きな筋肉だけでなく、普段は使わない肩や背中、腹部、臀部、足小さな筋肉まで全身に効かせる事ができます。
また、短時間でカロリーを消費でき、有酸素運動的要素と無酸素的運動要素の両方が含まれている為、高い脂肪燃焼効果がありながらも、安全でケガのリスクが少ないトレーニングです。

ケトルベル
  • 全身
  • 体幹

ケトルベル

見た目はダンベルの様で一味違うケトルベル。ロシアで昔から存在する伝統的なトレーニング器具ですが、昨今のトレーニングブームで注目を浴びています。
振り回したり持ち上げる動作によってバランスを取る必要がある為、表面の筋肉と同時に体幹やインナーマッスルまで鍛えられる万能アイテムで、特に腹筋と背筋が刺激されます。上級者はもちろん、初心者にもおすすめです。

ウォールボール
  • 全身
  • 体幹

ウォールボール

投げる動作のトレーニングに有効です。表面は柔らかくソフトメディシンボールとも呼ばれます。
大谷選手が故障時に体幹トレーニングに使用し、ウォールボールは一躍有名になりました。
壁面に投げたり、二人組で投げ合うなどしてトレーニングしますが、チェストパス、オーバーヘッドスロー、サイドスロー、バックスロー、ワンハンドプッシュ、フロントトスなど、様々な投げ方があります。
スクワットを併用して、大腿四頭筋やハムストリングスの強化をする事も可能です。

パワーバッグ
  • 全身

パワーバッグ

主に「腹筋、背筋、お尻、胸周り、肩甲骨」この部分を「体幹」とよび、体幹のインナーマッスルとアウターマッスルの2つをまとめて、体幹筋といいます。
体幹筋を鍛えることで、バランス感覚を強化し安定性を高めることになり、正しい姿勢でスポーツを行うことができるようになります。結果、傷害予防やパフォーマンスの向上など、様々なメリットや効果につながります。バッグ内に砂が入っており、取っ手が数箇所についているため持ち方を変えるだけで多種類のトレーニングができます。

ブルガリアンバッグ
  • 全身

ブルガリアンバッグ

パワーバッグ同様、体幹筋を鍛えるバッグで、三日月形のウェイトトレーニング用器具です。
持ち上げたり振り回して、バランス力や体幹を中心とした全身トレーニングができます。
持久力、バランス力などトレーニングのバリエーションは豊富。背負って腕立て伏せ、バーベル代わりのアームカールなど上半身の強化でき持ち上げたり、振り回して体幹を中心とした全身のトレーニングが可能です。担ぎやすい形状をしている為、担いだ状態で自走式トレッドミル等の有酸素運動を行う事で、より負荷をかける事も可能です。

吊り輪
  • 上半身
  • 体幹

吊り輪

吊り輪は、懸垂やディップスを始めとしたトレーニングのバリエーションを無限に広げることができます。
吊り輪はバーベルや鉄棒等と異なり、バーが固定されていませんので、手首の向きや引く方法、手の幅などあらゆる面を変化させられますが、その一方で難易度が非常に高く、トレーニング上級者向けの種目と言えます。流行のクロスフィット等でも使用されているトレーニングです。

プライオボックス
  • 下半身
  • 体幹

プライオボックス

ボックスジャンプを行う為のソフトボックスです。
ボックスジャンプは瞬間的なパワーを発揮させる事で、筋肉の瞬発力が高まる「プライオメトリックトレーニング」です。陸上、バスケット、テニス、サッカー等において筋肉の瞬発力を上げる事は非常に重要で、スタート時のダッシュ力が上がる効果があります。
ボックスを2つ使ったデプスジャンプ、ブルガリアンバッグを背負ったジャンプ等、色々な応用が可能です。

自走式トレッドミル
  • 下半身
  • 全身

自走式トレッドミル

自走式トレッドミルは、ここ数年に登場した非常に新しいトレーニングマシンです。
通常の電動のトレッドミルの様なモーターは無く、自分で蹴り出した力で床ベルトを回転させて走ります。
電動のトレッドミルではできない様な全力ダッシュが自走式では行えますので、一気に心拍を挙げたり、HIITトレーニングを行う事ができます。
ボタン操作が無く、自らが瞬時にスピードをコントロールできるので、サーキットメニューに組み込むのに最適です。

アサルトバイク
  • 全身
  • 有酸素

アサルトバイク

アサルトエアバイクはクロスフィットの必須品です。
エアロバイクでは足だけを使用した運動になりますが、アサルトバイクではクロスランナーの様にハンドルがあり、腕も一緒に使用する事で、時間当たりの消費カロリーを向上させます。
またHIITトレーニングの様にインターバルから一気に全速力へ始動する際も、このハンドルを使う事でスムーズにMAXスピードへ入る事ができます。しっかり腕を振り、足を踏み込む事で、通常のエアロバイクでは得られない様な体と心肺への負荷が得られます。

ローイングマシン
  • 全身
  • 有酸素

ローイングマシン

これ1台で全身の筋トレと有酸素運動が出来るとも言われる万能マシン。
その名の通り、ボート漕ぎの動作をするもので、このボート漕ぎの動作こそ、全身にある多くの筋肉を使う非常に効果的な動作です。特に広背筋と僧帽筋を中心に、三⾓筋後部や大腿四頭筋とハムストリングス、ふくらはぎ、腹筋、体幹までも強化されます。1時間に最大800kcalも消費可能な優れた有酸素運動で、心肺機能までも強化できる優れたマシンです。
しっかり効かせるにはコツがありますが、スタッフがしっかりと指導させて頂きます。

クリフハンガー
  • 上半身

クリフハンガー

TV番組のSASUKEで有名なクリフハンガーです。上半身全ての筋力に加えて、指の強さが試されます。